全員で勝利に向かい、柳田将洋が4本連続サービスエースで試合を決めた!その試合で確信した2つのこと

福岡・長野で行われているバレーボールのワールドカップ2019男子大会は、10月4日(金)に第3戦を行い、日本はチュニジアに3-0(25-23、25-21、25-11)で勝利し、2勝目をあげた。ポーランドに敗れた第2戦の課題を、一人ひとりが修正しての勝利に、今後の戦いがますます楽しみになった。

“全員で勝利に向かい、柳田将洋が4本連続サービスエースで試合を決めた!その試合で確信した2つのこと”の続きを読む

迫力満点! 男子バレーに注目しよう!!

「短距離の選手が、次の大会で100mを9.9秒で走るという目標を立て、努力を重ねてそれが実現できたら素晴らしい。たとえ9.8秒台の選手が3人いてメダルを逃したとしても、その素晴らしさは変わらない」
Vリーグで優勝した時、豊田合成(現ウルフドッグス名古屋)のアンディッシュ監督(当時)は語った。
だから、ウルフドッグスの選手は、未だに目標を問われても、決して「優勝」とか「勝つ」という単語は使わず「自分たちの目指しているバレーを実現すること。目標としている数値を達成すること」としか答えない。それができれば勝つことができるだろうし、できなければ負ける。非常にシンプルな考えだ。

“迫力満点! 男子バレーに注目しよう!!”の続きを読む

スーパープレーに見た日本の強さ

「ちょっとやばくない?」

イタリア戦を前にした公式練習時に、コートサイドで隣り合わせた顔なじみのカメラマンと目を見合わせて、思わず出た言葉だ。この日の日本代表選手は、目を疑うほどにジャンプしていた。特に石川祐希西田有志、山内晶大、小野寺太志、高橋健太郎のジャンプが尋常ではなく、「そんなに跳んだらケガをしてしまうのでは?」と思うほどだった。同時に、他の選手たちのコンディションの良さも見て取れて、より期待感が高まった。

“スーパープレーに見た日本の強さ”の続きを読む

バレーボールにおけるポジションごとの特性と役割~その 3 ミドルブロッカー編~

「バレーボール観戦が好き」という方の多くは男子よりも女子のバレーをよく観るのではないかと思います。「女子のほうがラリーが続くから面白い」という声をよく耳にしますが、現在は男子もラリーが続きます。なぜなら《トータルディフェンス》という考え方が浸透し、確立されているからです。第3回の今回は、トータルディフェンスで重要な役割を担っているミドルブロッカー(以下MB)について解説します。

“バレーボールにおけるポジションごとの特性と役割~その 3 ミドルブロッカー編~”の続きを読む

バレーボールにおけるポジションごとの特性と役割~その2 アウトサイドヒッター編~

今月22日、ワールドカップ女子大会で日本代表をフルセットで破ったアメリカの指揮を執っていたのがカーチ・キライ監督。インドアで2つ(84年ロサンゼルス、88年ソウル)、ビーチで1つ(96年アトランタ)、計3つのオリンピック金メダルを獲得し、「ミスターバレーボール」と呼ばれた選手でした。その「ミスター」がインドアバレーで務めたポジションが“アウトサイドヒッター”です。
第二回の今回はそのアウトサイドヒッター(以下OH)について解説します。

“バレーボールにおけるポジションごとの特性と役割~その2 アウトサイドヒッター編~”の続きを読む

男子ワールドカップ出場メンバーが決定!

日本バレーボール協会は、25日(水)に東京でワールドカップ前の会見を開き、10月1日から始まる男子ワールドカップ出場メンバーを発表した。アジア選手権に出場した14名に加え、久原 翼、大竹壱青の2選手を追加招集した理由を、中垣内祐一監督は「ワールドカップは2週間で11試合を戦う過酷な大会。アジア選手権(9日間で8試合)から帰国して間もないこともあり、選手のコンディションを維持するために2名を追加した。東京五輪に向けた選考の1つという意味合いもある」と話した。(久原と大竹は福岡で合流)

今大会では登録メンバー25名から毎試合24時間前までに最大14名の選手を登録することができる。男子日本代表は、下記の16名を中心に、試合ごとに14名を選んでワールドカップに挑む。柳田将洋キャプテンは「目標はメダル獲得」ときっぱり。エース石川祐希を中心に、高速で立体的なコンビバレーに注目だ。

1 清水邦広(パナソニックパンサーズ/オポジット)
3 藤井直伸(東レアローズ/セッター)
4 大竹壱青(パナソニックパンサーズ/オポジット)
5 福澤達哉(パナソニックパンサーズ/アウトサイドヒッター)
6 山内晶大(パナソニックパンサーズ/ミドルブロッカー)
8 柳田将洋(United Volleys/アウトサイドヒッター/キャプテン)
10 古賀太一郎(ウルフドッグス名古屋/リベロ)
11 西田有志(ジェイテクトSTINGS/オポジット)
12 関田誠大(堺ブレイザーズ/セッター)
13 高野直哉(堺ブレイザーズ/アウトサイドヒッター)
14 石川祐希(Kioene Padova/アウトサイドヒッター)
15 李博(東レアローズ/ミドルブロッカー)
16 高橋健太郎(東レアローズ/ミドルブロッカー)
17 久原 翼(パナソニックパンサーズ/アウトサイドヒッター)
20 小野寺太志(JTサンダーズ広島/ミドルブロッカー)
22 山本智大(堺ブレイザーズ/リベロ)

【日本男子の試合日程】

<福岡県・マリンメッセ福岡>
10月1日(火)vsイタリア
10月2日(水)vsポーランド
10月4日(金)vsチュニジア
10月5日(土)vsアメリカ
10月6日(日)vsアルゼンチン

<広島県・広島グリーンアリーナ>
10月9日(水)vsオーストラリア
10月10日(木)vsロシア
10月11日(金)vsエジプト
10月13日(日)vsイラン
10月14日(月・祝)vsブラジル
10月15日(火)vsカナダ

※日本戦は全試合19:20開始。フジテレビでライブ中継あり。

アジア男子バレーボール選手権/日本は銅メダル獲得。石川祐希がベストアウトサイドスパイカー、山本智大がベストリベロに輝く

21日にファイナルラウンドが行われた。イランとオーストラリアの対戦となった決勝戦は、バレーボールネーションズリーグ2019(5月31日~7月14日)でもブラジルに次いで2位(予選ラウンド/最終順位は5位)に入ったイランが、地力を発揮。3-0(25-14、25-17、25-21)で勝利し、1万人以上の観衆の前でアジア王者に輝いた。

※この記事に掲載の全ての写真はAVC

“アジア男子バレーボール選手権/日本は銅メダル獲得。石川祐希がベストアウトサイドスパイカー、山本智大がベストリベロに輝く”の続きを読む