注目

オンラインでバレーボールを思考する、「TEAM VRAVO NEXt」#考動バレー が始動。

受講希望の中学バレー部・クラブチームを募集しています
TEAM VRAVO NEXt は「#考動バレー」を合言葉に、選手が自ら考え、判断し、行動する
きっかけ作りを全力で支援いたします。Designed by TOYAMA

リアルな活動にオンラインでの活動をプラスして、考える力を伸ばそう!

■概要

コロナ禍により部活動がままならず、2020年に入学した中2の皆さんは満足にクラブ活動ができないまま、今日に至っているのではないでしょうか。かつてない状況下で、成長の機会を失っているバレーボール部の活動を支援したいという思いから、元日本代表の浅野博亮さんをはじめトップクラスの講師陣を誇るVRAVO N+様と、コンテンツ制作を得意とするバレーボールNEXt がタッグを組んで「TEAM VRAVO NEXt」を立ち上げました。
体で覚える「リアルなクラブ活動」に、マインドと思考を鍛え、視野を広げる「オンラインクラブ活動」をプラスして、選手自身が主体的に考え、判断し、行動する力を伸ばしませんか。TEAM VRAVO NEXt は、講師陣がファシリテーターとなって選手の皆さんと一緒にバレーボールをテーマに対話し、考えを広げる場。リアルな活動に活かせる学びができるよう工夫しています。考え方を学ぶことは、競技力の向上はもとより、学校生活の充実にもつながります。バレー界初の試みとなる 「#考動バレー」 をぜひ体験してください。

■特色

1. 元日本代表の浅野博亮さんをはじめ、VRAVO N+の講師陣が直接指導。選手の主体性を引き出す、伴走型の支援を行います。
2. 「対話」による気づきと、自分の考えを言葉で表現する機会を大切にします。
3. チームの状況をヒアリングした上で<最適なオリジナルメニューを作成します。
4. プログラムは社会で実践されている、エンゲージメントややりがいを重視したチームビルディングを中心に多岐に渡ります。
5. オプションとして、トップクラスの講師を派遣し、リアルな活動を行うことも可能です。
6. TEAM VRAVO NEXt の活動の様子は、バレーボールNEXt ブログなどで随時レポートします。

■プログラム例

プログラムには【必修】と【選択】があります。【必修】では6回の #考動バレー を通じて、中学生の皆さんが自ら活動にかかわり、実践力を高めるために必要なベーシックワークを段階的に行います。

▼オープニング・・・・・自己紹介
▼ワーク①【必修】・・・バレーボールってどんなスポーツ?  <競技分析>
▼ワーク②【必修】・・・自分を活かすためにすべきこと <自己分析>
▼ブレイクタイム・・・・前半の振り返り
▼ワーク③【選択】・・・*自由選択となります。
▼ワーク④【選択】・・・*自由選択となります。
▼エンディング・・・・・後半の振り返り&自分との約束(次回までに頑張りたいこと)

 <選択プログラム例>
「ケガをしにくくする身体の使い方」
「アガる声かけってどんな声かけ?」
「20-20から勝つためのマインドと思考」
「“責任感”ってなんだろう」
「力を発揮するための自分コントロール術」
「気づきの感度を競い合う、バディ大作戦」
   ※リアル部活との連動企画
「プレーが劇的に変わる、ものの見方」
「伝わるコミュニケーション術」 など多数

■ご応募について

【活動期間】
 3ヶ月間/全6回 

【募集チーム】
全国の中学校バレーボール部・クラブチーム(男・女)

【実施までの流れ】
▼①〜⑦を記入の上、メールまたはFAXにて送信
①学校名・チーム名  
②代表者のお名前
③連絡先(メールアドレス及び直接つながる電話番号) 
④参加人数
⑤応募の理由 
⑥直近の戦績 
⑦目指すところ
※その他、質問事項

▼チーム状況のヒアリング、及びプログラム、スケジュールの確認

▼第1回目の #考動バレー(オンラインクラブ活動)がスタート

【費用】
お一人様 26,400円(全6回・8,800円/月・税込)

【お申し込み・お問い合わせ】
バレーボールNEXt 編集部 金子裕美
team.vravo.next@gmail.com
TEL:045-563-6035 FAX:045-563-9732
お気軽にご連絡ください。

星野秀知、31歳の挑戦。プロ転向を自分らしい人生を拓くチャンスにしたい。

自分らしい人生を拓きたい、という思いからプロ転向を決断。
経験豊富な星野秀知の新天地での活躍が楽しみだ。(写真:東京グレートベアーズ)

 8月1日に東京グレートベアーズが入団を発表した星野秀知(31歳/アウトサイドヒッター)は、サレジオ中学校、東亜学園高校、東海大学、東レアローズと、すべてのカテゴリーで日本一を成し遂げた稀有な選手だ。代表経験も豊富で、2013年度、2016年度はシニア日本代表に選出された。バレーボール選手として陽の当たる道を歩んできた星野が、31歳にして選んだプロ転向にはどのような心境の変化があったのだろうか。

バレーボールを頑張ると目の前にスーッと道が広がった

 話を聞いたのは6月半ばだ。東レアローズが退団を発表してから約1ヵ月。Vリーグ機構に移籍希望を出した星野は自宅でオファーを待っていた。人生最大のチャレンジに「ワクワクしている」と笑顔を見せたが、正式に入団が決まるまでは落ち着かない日々を過ごしてきたに違いない。誰の手も借りずに進路を決めるのは、31歳にして初めてのことだからだ。

 小学校時代にバレーボールを始めてまもなく頭角を表すと、常に日本一を目指すチームに必要とされてきた。そして全中(2005年度)優勝。春高(2007年度、2008年度)では連覇を達成。精鋭が集まる東海大学でも1年次からレギュラーとして活躍し、全日本インカレ(2009年度、2011年度)では2度の日本一に輝いた。

「学生時代は目の前の試合に勝ちたい。そのために自分は何をすればいいのか。それだけを考えて一生懸命取り組んできました。その結果、僕を必要としてくださる学校や企業の方が(所属チームの)監督、コーチに話を持ってきてくださり、その中から(行き先を)選べばよかったので、バレーボール以外のことは深く考えていませんでした。バレーボールを一生懸命頑張っていれば目の前にスーッと道が広がっていく、そんな感覚でした」

 Vリーガーを目指していたわけでも、就職に有利だからとバレーボールに打ち込んできたわけでもない。自分を必要としてくれたチームに感謝し、期待に応えること。そこにやりがいを感じて自分を磨いてきた。

 攻守に優れている星野は東レアローズでも持ち味を発揮し、2016-17シーズンはリーグ優勝に貢献。翌2017-18シーズンから4季にわたりキャプテンを務めて、チーム力の底上げに尽力した。

好きなチームだから、退団を決意するまでに1年かかった

 近年の星野は、対角を組むアウトサイドヒッターや対戦相手、戦況などに応じて、攻撃型と守備型の比率を自分の中で巧みに調整できる有能なプレーヤーという印象だ。

「Vリーグで戦える選手であるために、自分なりに工夫して技術を磨いてきました。30代になり、選手寿命は確実に短くなっているので、コートでチームの勝利に貢献したいという思いが強くあります」

 東レアローズには毎年、ポテンシャルの高い選手が入団するが、戦力として渡り合う覚悟も自信もあるという。ところがチームの意向は違った。若手選手のバックアップを任された。

 自分と上司、あるいは組織の考えが食い違うことは、スポーツの世界に限らず、よくあることだ。自分の中で折り合いをつけるのか、行動を起こすのか。人生の岐路に立たされて、星野は初めて「引退」を意識した。

「バレーボールを頑張って、いつか引退して、会社員として働く人生を想像したら、ワクワクしませんでした。僕は会社員に向かない性格なんです。ただ、家族(奥さんとお子さん2人)がいます。会社に残れば安心して養っていける、とてもありがたい環境でバレーボールをやらせてもらっていました。そもそも東レアローズが好きですし、ここでプレーしたいという思いが強かったので、自分はどうすべきなのか、相当悩みました」

 「好きにしていいよ」という奥さんの助言がなければ、今も悩み続けていたかもしれない。

「(奥さんは)考え方がポジティブなんですよ。自分が会社員から独り立ちして仕事をしていることもあり、『今はいくらでも(生計を立てる)方法がある』『悩んでいるなら、他のチームでバレーボールをしてもいいんじゃない? 』とプッシュしてくれて、考えが広がりました」

 バレーボール界でもプロ化が進み、選手が自分の意思で行動を起こしやすくなったことも、追い風になった。

「誰かに相談したわけではありませんが、一度、(移籍希望を出して)自分の選手としての価値を聞いてみるのもいいのかなと思いました。プロ選手であれば、バレーボールを一生懸命頑張ることによって、他の仕事や事業に結びついていく可能性もあります。そこにも魅力を感じました。年齢的には少し遅いかもしれませんが、もしうまくいかなくても、自分で考え、判断し、決めたことなら、納得して次の道に進むことができます。1年かかりましたが、最終的には、これが最初で最後のチャンス。自分らしい人生を拓くきっかけにするぞ、という思いで決断しました」

チームに良い影響を与えられる、強くてかっこいい選手になりたい

「プロになったからには、これまで以上に必要とされる選手にならなければいけない」と話す星野に、その具体策を尋ねると、「自分にとってはやりがい、チームにとってはこの選手と契約してよかったという納得感や満足感を得られる、Win-Winの関係を作ること」という答えが返ってきた。

「そのためにはまず、プレーでアピールしなければいけないと思っています。得点をアシストするサーブレシーブや、つなぎのプレーは、僕のプレースタイルとして引き続き大事にしていきますが、それだけでは足りません。信頼を得るには、チームを一気に乗せることができる得点力が必要です。例えば柳田(将洋/ジェイテクト)選手のような、得点力で存在感をアピールできる選手が理想です。自分が得意とする守備力に、試合展開を一気に覆せるような得点力が備われば、そこにいるだけでチームに安心感をもたらすことができる選手になれるのではないかと思います。(チームメイトへの)声かけにも説得力が増すと思います」

 目指すのは、チームに良い影響を与えることができる「強くてかっこいい選手」だ。

「プレーで魅せることが大前提ですが、いろいろな角度から、応援したい!と思ってもらえる選手になることもプロ選手の大切な仕事です。これまでは身だしなみにしても、人への接し方にしても、あまり意識していませんでしたが、そういうことも含めて、自分自身が変わることを恐れずにチャレンジしていきます」

 期せずしてプロ選手に転向した年に東京グレートベアーズが誕生した。アウトサイドヒッターを必要としていたことから星野に白羽の矢が立ち、V1でプレーするチャンスが生まれた。背番号「1」に、期待の大きさが伺える。この幸運を活かして、地元の東京でどのように自分の思いを表現するのか、楽しみだ。

「これからの人生は、すべてが自分の責任になります。きついと思いますが、それも含めておもしろいのではないかと思っています。僕はバレーボールしかしてこなかったので、自分に何ができるのか、何が向いているのか、わかりません。バレーボール以外にやりたいこともまだ見つかっていないので、今後のプロ生活を通して今まで気づかなかった自分を掘り起こしていけるように、精一杯頑張ります」

【追記】
ここに東京グレートベアーズが入団に際して発表した、真保綱一郎監督のコメントを掲載する。

「星野選手の加入は、東京グレートベアーズに安定と成長をもたらす非常に素晴らしい補強であると考えています。星野選手のストロングポイントであるブロックを含めたディフェンス面やレセプションでの貢献はもちろんのこと、学生時代から代表経験が豊富であり、各カテゴリーで数多くの優勝を勝ち取っている彼の経験をチームに注入し、化学反応を起こしてもらうことも期待しています」
星野秀知(ほしの ひでとも)
東京グレートベアーズ/アウトサイドヒッター/1990年9月29日生まれ/東京都世田谷区出身/身長187cm/サレジオ中→東亜学園高→東海大→東レアローズ/主な代表歴:2011・2013ユニバーシアード、2012アジアカップ、2016ワールドリーグ

取材・文/金子裕美

個性派揃い!バレーボールネーションズリーグ<第1週>日本代表

VNL第1週は石川祐希を含めた14名を選出。ブランジャパンの先陣を切る

 FIVBバレーボールネーションズリーグ2022 予選ラウンド第1週 ブラジル大会(以下VNL)が、6月7日(火)から12日(日)までブラジリアで開催される。日本代表チームは、パドバ(イタリア)での事前合宿を経て、VNLが行われるブラジリアに移動。ネーションズリーグ開幕までの合宿期間ではブラジル代表チームとの練習試合も予定されており、チームの連携を深めて大会に臨む。

 チームを率いるフィリップ・ブラン監督は、監督就任当初から「2022年度は東京五輪代表メンバーが中心になる」と明言していたが、今回のメンバーにはキャプテンの石川祐希(ミラノ)をはじめ8名が選出された。そのうち、石川、西田有志(ビーボ・バレンティア)、関田誠大(クプルム・ルビン)、髙橋藍(日本体育大学/パドバ)が2021-22シーズンを海外のリーグで過ごしている。VNLはその成果を存分に発揮する大会となるだろう。また、ブラン監督は、海外組に加えてリベロ山本智大(堺)にもリーダー的な役割を期待しており、VNLはこの5選手を中心に戦いが繰り広げられていくことになりそうだ。

 もちろん小野寺太志(JT)、山内晶大(パナソニック)、大塚達宣(早稲田大学)のさらなる進化にも期待がかかる。スタメン定着に向けて自身の持ち味を自覚し、チームの勝利に貢献したいところだ。

 東京五輪代表以外では、2021-22Vリーグでプロック賞、ベスト6、フェアプレー賞を受賞。攻撃にも自信をつけた髙橋健太郎(東レ)と、同リーグで2年連続のサーブレシーブ賞を受賞。ベストリベロにも輝くなど着実に力をつけている小川智大(ウルフドッグス名古屋)が、昨年に続きVNL代表入りを果たした。

 髙橋は代表歴8年目にして、新たな気持ちでシーズンを迎えている。早くから活躍が期待されていたが、その能力を十二分に発揮することができず、東京五輪代表にも選出されなかった。バレーボールから離れることを考えた時期もあったというが、チームの手厚いバックアップのもと、2021-22Vリーグでは充実したシーズンを送り、今に至っている。その自信を力に変えることができれば、小野寺、山内を脅かす存在になるだろう。

 パリ五輪出場を目標に掲げる小川は覚悟をもって臨んでおり、「前回とは違う自分を見せたい」と話していた。振り返れば、昨年は反応の良いプレーで世界のバレーボールファンを魅了したが、出番は少なかった。今年はチームが目指すバレーの実現にこだわり、その1ピースになる、と心に決めている。もう一人のリベロ山本の能力を誰よりもわかっている小川の、真摯な挑戦を見届けたい。

 宮浦健人(ジェイテクト)は、昨年、東京五輪後に行われたアジア選手権に続く国際大会出場となる。世代別の代表経験が豊富な選手だけに、今頃合宿地でわくわくしていることだろう。同じポジションの西田とは高校時代から競い合ってきた仲だが、高校を卒業後、宮浦は大学へ。1学年下の西田はVリーグへ。道が分かれたため、同じチームでの国際大会出場は2017年のアジアユース以来となる。刺激を受け合い、成長する姿を見せてくれるに違いない。

 今回、シニアの国際大会に初めて名を連ねた富田将馬(東レ)、永露元稀(ウルフドッグス名古屋)、村山豪(ジェイテクト)は、いずれもキラリと光る個性の持ち主だ。

 富田は東山高校の後輩、高橋藍に勝るとも劣らないオールラウンダーで、2021-22Vリーグでは攻守でその能力を遺憾なく発揮した(レシーブ賞を受賞)。富田の強みは、状況に応じてさまざまな工夫ができるところにある。世界を相手にしても多彩な技が通用するのか、注目したい。

 永露は待望の大型セッターであり、ブロックやサーブでもチームに貢献できる強みがある。2021年度天皇杯や2021-22Vリーグでそれを実証し、セッターとしての能力を上げていくフェーズに入った。「トスのスピードや精度の向上に努めている」と言う192cmの永露が、チームに入るとどのような化学変化が起きるのか、興味深い。

 村山は、アウトサイドもこなせる器用さと、高校、大学を通してトップチームで磨きをかけた洞察力が武器の選手だ。コートに立つ前からしっかり準備ができていて、得点チャンスを逃さない。2021-22Vリーグでは新人賞を受賞した。日本チームに新風を吹き込む可能性を秘めていている逸材だけに、代表デビューが待ち遠しい。

 世界のトップ16チームが出場するVNL2022の予選ラウンドは、各チームが12試合を戦い、その結果に基づき順位を決定する。日本は6月 8日(水)が初戦となり、オランダと対戦する。2年後のパリ五輪に向けて走り出したブランジャパンの、まずは初戦に注目だ。

【VNL予選ラウンド第1週 ブラジル大会日程】
6月8日(水)現地 18:00 日本 翌6:00 vsオランダ
6月9日(木)現地 15:00 日本 翌3:00 vs中国
6月10日(金)現地 18:00 日本 翌6:00 vsアメリカ
6月12日(日)現地 13:00 日本 翌1:00 vsイラン
※6月7日(火)、11日(土)は日本の試合なし
※BS-TBSにて日本戦全試合放送
【VNL 第1週 男子日本代表メンバー】
1.西田有志
にしだ ゆうじ
所属/ビーボ・バレンティア(イタリア)
ポジション/オポジット
出身地/三重県
出身校/海星高校(三重)
年齢/22歳
身長/187cm
最高到達点(スパイク)346cm
最高到達点(ブロック)330cm
☆東京五輪代表

2 小野寺 太志
おのでら たいし
所属/JTサンダーズ広島
ポジション/ミドルブロッカー
出身地/宮城県
出身校/東北高校(宮城)→東海大学
年齢/26歳
身長/200cm
最高到達点(スパイク)343cm
最高到達点(ブロック)330cm
☆東京五輪代表

5.大塚 達宣
おおつか たつのり
所属/早稲田大学4年
ポジション/アウトサイドヒッター
出身地/大阪府
出身校/洛南高校(京都)
年齢/21歳
身長/194cm
最高到達点(スパイク)338cm
最高到達点(ブロック)325cm
☆東京五輪代表

6 山内 晶大
やまうち あきひろ
所属/パナソニックパンサーズ
ポジション/ミドルブロッカー
出身地/愛知県
出身校/名古屋市立工芸高校(愛知)→愛知学院大学
年齢/28歳
身長/204cm
最高到達点(スパイク)354cm
最高到達点(ブロック)335cm
☆東京五輪代表

8 関田 誠大
せきた まさひろ
所属/クプルム・ルビン(ポーランド)
ポジション/セッター
出身地/東京都
出身校/東洋高校(東京)→中央大学
年齢/28歳
身長/175cm
最高到達点(スパイク)324cm
最高到達点(ブロック)305cm
☆東京五輪代表

10 髙橋 健太郎
たかはし けんたろう
所属/東レアローズ
ポジション/ミドルブロッカー
出身地/山形県
出身校/米沢中央高校(山形)→筑波大学
年齢/27歳
身長/202cm
最高到達点(スパイク)361cm
最高到達点(ブロック)350cm

11 富田 将馬
とみた しょうま
所属/東レアローズ
ポジション/アウトサイドヒッター
出身地/愛知県
出身校/東山高校(京都)→中央大学
年齢/24歳
身長/190cm
最高到達点(スパイク)345cm
最高到達点(ブロック)320cm

12 髙橋 藍
たかはし らん
所属/日本体育大学3年
ポジション/アウトサイドヒッター
出身地/京都府
出身校/東山高校(京都)
年齢/20歳
身長/188cm
最高到達点(スパイク)343cm
最高到達点(ブロック)315cm
☆東京五輪代表

13 小川 智大
おがわ ともひろ
所属/ウルフドッグス名古屋
ポジション/リベロ
出身地/神奈川県
出身校/川崎市立橘高校(神奈川)→明治大学
年齢/25歳
身長/176cm
最高到達点(スパイク)312cm
最高到達点(ブロック)290cm

14 石川 祐希
いしかわ ゆうき
所属/パワーバレー・ミラノ(イタリア)
ポジション/アウトサイドヒッター
出身地/愛知県
出身校/星城高校(愛知)→中央大学
年齢/26歳
身長/191cm
最高到達点(スパイク)351cm
最高到達点(ブロック)327cm
☆東京五輪代表

16.宮浦 健人
みやうら けんと
所属/ジェイテクトSTINGS
ポジション/オポジット
出身地/熊本県
出身校/鎮西高校(熊本)→早稲田大学
年齢/23歳
身長/190cm
最高到達点(スパイク)347cm
最高到達点(ブロック)320cm

20.山本 智大
やまもと ともひろ
所属/堺ブレイザーズ
ポジション/リベロ
出身地/北海道
出身校/とわの森三愛高校(北海道)→日本体育大学
年齢/27歳
身長/171cm
最高到達点(スパイク)301cm
最高到達点(ブロック)299cm
☆東京五輪代表

21.永露 元稀
えいろ もとき
所属/ウルフドッグス名古屋
ポジション/セッター
出身地/福岡県
出身校/東福岡高校(福岡)→東海大学
年齢/25歳
身長/192cm
最高到達点(スパイク)335cm
最高到達点(ブロック)325cm

26 村山 豪
むらやま ごう
所属/ジェイテクトSTINGS
ポジション/ミドルブロッカー
出身地/東京都
出身校/駿台学園高校(東京)→早稲田大学
年齢/23歳
身長/192cm
最高到達点(スパイク)341cm
最高到達点(ブロック)317cm

藤中三兄弟の三男・颯志がV1デビュー。兄弟対決もリーグ後半戦の見どころに。

藤中三兄弟がV1に揃った

2021-22V.LEAGUE DIVISION1 (V1)は、1月16日にレギュラーラウンドの前半戦(18試合)が終了。次週から後半戦(18試合)が始まるが、年明けの1月8日から、今年4月に入団が内定している選手たちが初々しいプレーを披露している。

その1人、VC長野トライデンツの藤中颯志は、V1で活躍する藤中謙也(サントリー/28歳)、藤中優斗(ジェイテクト/25歳)の弟だ。スタメンリベロとして、1月8日の大分三好戦から4試合連続でフル出場。デビュー戦のスタートこそ、山田滉太(大分三好)の強烈なサーブを返球できずV1の洗礼を受けたが、気持ちを立て直してサーブレシーブ成功率64.7%をマークしたほか、ディグやつなぎでもデビュー戦とは思えない安定感を発揮してチームの今期初勝利に貢献した。4試合トータルでもサーブレシーブ成功率は62.9%と、上々の滑り出しを見せている。

「常に2人の兄のプレーや、活躍する姿を見続けてきたので、同じ舞台でバレーボールができることが嬉しい」と素直に喜ぶ一方、トップリーグで活躍することの難しさを肌で感じて、「改めて2人の兄を尊敬し直している」と言う。

謙也の身長は188cm、優斗は182cm。どちらもアウトサイドヒッターで、入団1年目のシーズンに最優秀新人賞を受賞している。兄弟の中でもっとも小柄な颯志は、大学時代にアウトサイドヒッターからリベロに転向したが、プレーの質や冷静に状況を判断する力は兄たちに引けを取らない。チームが得点した際に自然と出るガッツポーズとくったくのない笑顔も颯志の魅力だ。

「同じ舞台でプレーするからには兄とか弟とか関係なく、2人の存在を越えられるような選手になりたい」と、しっかり先を見据える三男の参戦で、兄弟対決がレギュラーラウンド後半戦の見どころの一つになりそうだ。

・2月19日、20日 サントリー(謙也)対 ジェイテクト(優斗)ウィングアリーナ刈谷
・2月26日、27日 サントリー(謙也)対 VC長野(颯志)スカイアリーナ
・3月12日、13日 ジェイテクト(優斗)対 VC長野(颯志)ジェイテクトアリーナ奈良

6年前の兄弟対談の時の画像

6年前、石川祐希(ミラノ)、小野寺太志(JT広島)ら有望選手が揃った選抜合宿に、謙也と優斗も選出された。本誌(Vol.2)で兄弟対談を行った際に謙也は「中学以降、バレーに本格的に取り組んでからは、優斗のプレーをあまり見ていない」と話していたが、颯志についても同じだろう。兄が道を切り開き、弟たちはその背中を追ってきた。三兄弟が本気の戦いの中で見せる姿から、兄弟に通じるものや、それぞれが放つ個性を感じ取ってほしい。

藤中颯志
ふじなかそうし/1999年12月2日、山口県生まれ、22歳/身長177cm/最高到達点325cm/宇部商業高校→ 専修大学在学中

(文・金子裕美)

レセプションで及第点とも言える数字を残した藤中颯志

【アジア選手権】日本が準決勝進出。途中出場の大宅、大竹が流れを変えた!

男子のアジア選手権は、17日に千葉ポートアリーナ他で順位決定予備戦2日目を行い、日本はオーストラリアに3-0(25-23、25-17、25-23)で勝利して勝点を6とした。前日まで1位につけていた中国もカタールに3-2で勝利し勝点で並んだが、セット率差で日本がE組1位となり、18日に行われる準決勝はF組2位のチャイニーズタイペイと対戦する。

前日、中国に敗れた日本。果たして、気持ちを切り替えて臨むことができるのか。滑り出しが心配されたが、第1セット中盤まではミスが重なり、決して良い状態とは言えなかった。ベンチは2回目のテクニカルタイムアウトをオーストラリアに取られた時点で2枚替えを決断。セッター藤井(前衛)のポジションにオポジット大竹壱青を、オポジット宮浦健人(後衛)のポジションにセッター大宅真樹を入れた。

「中国戦では2枚替えでの起用もなく、スタッフから信頼を得られていない自分に苛立ちを感じた」という大宅は、このチャンスを絶対にものにする、という強い気持ちで臨んだという。その気持ちを結果に結びつけるために、自身に課したのが「丁寧にトスを上げること」と「チームに火をつけること」だ。自分一人の力では難しい後者の課題を実現するために、同期で頼れるエース石川祐希にトスを集めようと考えていた。小野寺太志の好サーブでブレイクのチャンスを作ると、大宅が打ちやすいトスを石川へ。この1点をきっかけに石川もギアを上げて、日本は6連続得点で逆転に成功した。その後もオーストラリアの追撃をしのぎ、第1セットを奪うと、第2セットは序盤からチーム力を発揮した。大宅、リベロ山本智大のディグが冴える。石川も攻撃だけでなく、サーブやセットアップでも地力を発揮。前衛ではミドルブロッカー李博が躍動し、日本は4連続得点と好スタートを切った。さらに中盤、リードを広げる機会が訪れた。小野寺同様、サーブ力に定評のある李が、サービスエースを含む好サーブで6連続得点に貢献。ブレイクのチャンスでは好調の大竹や石川が得点を重ねて日本はセットを連取した。

ミラクルなプレーでチームの勝利に貢献した大竹。中垣内監督は活躍を喜びながらも、「ミラクルでは安定しない。ロジカルなプレーを」と、さらなる成長を期待していた。

第3セットは中盤の4連続失点がひびき終盤まで接戦となったが、好守でチームを支える山本がここでも魅せた。23-23からオーストラリアの大砲、トーマス・エドガーの強烈なサーブをきっちりセッターに返し、小野寺のクイック攻撃でマッチポイント。その小野寺がサーブにまわり、山本の気迫がチームに乗り移ったかのように、李がエドガーの攻撃をシャットアウトして勝利をものにした場面は見応えがあった。一人ひとりが自信を取り戻し、自分の仕事を果たせるチームに戻っていた。

ゲームを作った大宅は「チームが勝利し、(自分にとっても)自信がもてる試合になったと思う」と振り返った。大竹も、自身の力を発揮できたことに充実感を味わっていた。アジアチャンピオンまであと2戦。2人に続き、出場機会が少ない大塚達宣、福山汰一、小川智大がコートに立つ機会は訪れるのか。準決勝のチャイニーズタイペイ戦ではそこにも注目し、チーム一丸となっての勝利に期待したい。

強打に強い山本智大。この試合でも真骨頂を発揮した。

【アジア選手権】中国に敗れた日本。準決勝進出はオーストラリア戦勝利が条件に。

男子のアジア選手権は、16日に千葉ポートアリーナ他で順位決定予備戦を行い、予選グループリーグ戦を3連勝で突破した日本(A組1位)は、中国(C組2位)と対戦。セットカウント1-3(19-25、29-27、21-25、19-25)で敗れて初の黒星を喫した。コンディション不良でベンチスタートだった石川祐希が、予選グループリーグ戦3日目にコートに立ち、インドに圧勝。アジアの強豪と対戦する順位決定予備戦での活躍に期待が高まったが、この日は個の力が噛み合わず、どのセットも中国に連続得点を許す苦しい展開で、日本は勝ち点を伸ばすことができなかった。

終わってみれば、サーブ(中国8得点/日本3得点)とブロック(中国17得点/日本1得点)による得点差が勝敗を分けた一戦だった。宮浦健人が「サーブが狙いどおりにいかず、リベロに集まってしまった」と話したように、日本はサーブで揺さぶることができず、逆に相手のサーブで守備を崩され、攻撃が単調になりがちに。石川は「中国の強みであるブロックで点を奪われ、相手を乗せる形になってしまった」と、反省を口にした。

チームは対戦相手のデータを収集、分析し、サーブレシーブの位置取りやサーブの狙いどころなど、戦術を選手と共有して試合に臨んでいるが、狙いどおりに展開できない場合はそのつど修正が必要になる。この日はベンチも含めて、有効な対応取れなかったことが課題として残る一戦となった。

順位決定予備戦では予選グループリーグ戦で当たったチームとは対戦せず、予選グループリーグ戦の対戦成績が持ち越されるため、17日に行われる日本(勝点3/2位)対オーストラリア(勝点2/4位)、中国(勝点4/1位)対カタール(勝点3/日本とはセット率差で現在3位)の結果により順位が決定し、上位2チームが18日に行われる準決勝に進む。どのチームにも準決勝進出のチャンスがあるため、難しい試合になることが予想されるが、次戦に向けて石川は、「全員がベストコンディション、ベストなメンタルで試合に臨んでくれるはず。オーストラリアもブロックが高いチームだが、(中国戦でうまくいかなかったところを)修正し、自分がリズムを作っていく」と、決意を口にした。チーム一丸となっての勝利に期待したい。

【アジア選手権】頼れる石川不在で、最年少高橋藍が覚醒。「チームは自分が引っ張る」

男子のアジア選手権は、13日に千葉ポートアリーナ他で予選グループリーグ戦2日目を行い、日本はバーレーンに3-1(23-25、25-17、25-23、25-16)で勝利し、2勝目をあげた。

前日のカタール戦から大きくメンバーを入れ替え、高梨健太(ウルフドッグス名古屋/アウトサイドヒッター)、高橋藍(日本体育大学2年/アウトサイドヒッター)、大竹壱青(パナソニック/オポジット)、福山汰一(ジェイテクト/ミドルブロッカー)、山内昌大(パナソニック/ミドルブロッカー)、大宅真樹(サントリー/セッター)、小川智大(ウルフドッグス名古屋/リベロ)という布陣で臨んだ日本。オリンピック代表を逃したメンバーは、このチャンスを生かして存在感を示したいところだったが、前日インドを破り、勢いに乗るバーレーンに苦しい戦いを強いられた。

多少サーブレシーブが乱れてもクイック攻撃を多用するバーレーンに対し、ブロックの的を絞りきれず、第1セットを競り負けた日本。第2セットに入ると、「頼れる石川選手はコートにいない。誰が決め手になる? 自分だろう…」そんな自問自答をしたという最年少の高橋が奮起してセットを取り返した。

これで勢いに乗るかと思われたが、第3セットは再び、思うように点差を広げることができない展開。ベンチはセット中盤で大竹を諦め、宮浦健人(ジェイテクト/オポジット)を投入。その宮浦がシャープなスパイクでサイドアウトを奪い、チームを勢いづけた。終盤は、コースをつく高橋の鋭いサーブや、福山に代わりコートに入った小野寺太志(JT広島/ミドルブロッカー)のクイック攻撃などで得点し、日本は粘るバーレーンを突き放してセットを連取した。

続く第4セットは、宮浦、小野寺を続投。さらにセッターを大宅から藤井(東レ)に、リベロを小川から山本(堺)に代えて地盤を固めた。すると、五輪で自信を深めた小野寺、藤井、山本が地力を発揮。藤井は声を出し、表情豊かにチームに活気をもたらす。小野寺はブロックでタッチを取りチャンスを作る。攻撃では巧みなモーションで相手ブロッカーを引きつけ、アウトサイドヒッターのパイプ攻撃を援護する。山本は得意のディグで相手の得点を阻む。前日、シニアデビューした宮浦も肩の力が抜けて、落ち着いていた。こうした数字に表れない力により次第に歯車がかみ合い始めた日本は、セット中盤で逆転に成功。その後も、この日、最多得点(26点)の高橋が攻撃だけでなくブロックやサーブでも点を奪い、危なげなくこのセットをものにして、日本は3-1で勝利した。試合後、高橋が発した「(決め手としての)責任を果たせてよかった」という言葉が頼もしかった。

【アジア選手権】次世代の高橋、大塚、宮浦らがスタメン出場。白星スタート

9月12日に、アジア男子選手権大会が千葉ポートアリーナ他で幕を開けた。日本代表は、中垣内祐一監督のもと、東京オリンピックに出場したメンバーを中心に、福山汰一(ジェイテクト/ミドルブロッカー)、大宅真樹(サントリー/セッター)、宮浦健人(ジェイテクト/オポジット)、大竹壱青(パナソニック/オポジット)、小川智大(ウルフドッグス名古屋/リベロ)を加えた14名で臨み、初戦のカタール戦は、背中、腰などに痛みのある石川祐希(ミラノ/アウトサイドヒッター)をベンチに温存しながらも、セットカウント3-0のストレート勝ちで白星発進した。

この日のスターティングメンバーは、五輪代表の高橋藍(日本体育大学2年/アウトサイドヒッター)、大塚達宣(早稲田大学3年/アウトサイドヒッター)、小野寺太志(JT広島/ミドルブロッカー)、李博(東レ/ミドルブロッカー)、藤井直伸(東レ/セッター)、山本智大(堺/リベロ)に、新メンバー宮浦健人を加えた布陣。中垣内監督は、11日の会見で五輪メンバーと入れ替わった2名のオポジットを注目ポイントにあげ、「アジアを相手にどこまでできるのか、しっかり見ていく」と話していたが、初戦に起用したのはシニア代表デビューとなる宮浦だった。

宮浦は、2017シーズンからアンダーエイジカテゴリー日本代表の中心選手として活躍。大学3年生で臨んだ2019ユニバーシアードでは高さのあるヨーロッパ勢を相手に戦い、自信をつけて、シニア入りに意欲を示してきた。そして今年、初のシニア日本代表に選ばれ、本大会のメンバーに選出された。シャープなスイングが持ち味。攻撃の幅が広く、サイドアウトを取ることには定評がある。この日のカタール戦でも緊張は見られたものの、積み上げてきた多くの経験を力に変えて、まずまずのスタートを切った。「コンディションは万全」という宮浦。これまでも実戦を踏んで力をつけてきた選手だけに、試合を重ねるごとに持ち味を発揮し、成長する姿を見せてほしい。

宮浦健人(22歳)
鎮西高校→早稲田大学→2021年4月より、ジェイテクトSTINGS
持ち味:シャープなスイング
「スパイクだけでなく、サーブも注目してほしい」
今大会の目標
「自分の力を出し切ること」

【アンダーエイジカテゴリー代表歴】
2017年/U-19アジア選手権・U-19世界選手権
2018年/U-20アジア選手権
2019年/ユニバーシアード競技大会(ナポリ)・U-23アジア選手権
※いずれもオポジットで出場。
宮浦(19)、大塚(5)、福山(9)、3人の共通点は指先の「W」。次戦以降も早稲田旋風に期待したい。

【TOKYO2020】ベスト8敗退も、3年後のパリに向けて確かな手応え

イランに勝利した後、石川を労う中垣内監督。

2008年の北京五輪以来、3大会ぶりにオリンピックの舞台に立った日本は、予選ラウンド最終戦でアジア1位のイランを破り、準々決勝に進出。準々決勝では、長きにわたり世界王者に君臨するプラジルにセットカウント0-3で敗れたものの、SNSで「男子バレーがおもしろい」などのコメントが飛び交う熱い戦いを演じた。もちろん選手は悔しさを噛み締めているだろうが、今大会を戦う中で、3年後のパリにつながる確かな手応えを得たことは間違いない。(写真提供:FIVB)

中垣内ジャパンは2017年に結成以来、5年間にわたり、懸命にデータを取り、分析して、世界と戦えるチームづくりを模索してきた。選手に求められたのは、より一層の主体性だ。チーム目標を人ごとではなく、自分ごととしてとらえて本気で取り組む姿勢なくして、自国開催のオリンピックに立ち向かうことはできないからだ。その雰囲気をいち早く察してプロに転向し、海外で武者修行する選択をした柳田将洋がキャプテンに任命された。そこに五輪経験者、福澤達哉が加わり、石川祐希や小野寺太志、西田有志ら、チームの主軸になる若手選手の個性を尊重しつつも、チームを束ねてきた。2019年に行われたW杯4位は、チームを統括する立場にある中垣内祐一監督をはじめ、すべてのスタッフと、チームの戦術をコート上で体現した選手たちの努力の結晶であり、東京五輪に向けて大きな弾みとなった。

守備からの攻撃参加が体に染み付いている高橋。そこも優れていることの一つ。

東京五輪が予定通りに昨年行われていれば、W杯メンバーを軸に代表選考が行われ、柳田、福澤も五輪代表に選ばれていたに違いない。1年延期となり、2024年に開催予定のパリ五輪も視野に入れたメンバー選考が色濃くなって、石川が新キャプテンに抜擢され、メンバー選考にも影響が出た。そこで注目されたのが、19歳の高橋藍だ。2020年1月に行われた春高バレーで優勝した東山高(京都)のエース。その年に日本代表入りを果たしたが、コロナ禍で国際大会はすべて中止となり、2021年5月に行われた中国との親善試合が国際試合デビューとなった。不慣れな中でも、関係者や記者の間で「五輪代表メンバーに入るかも」という憶測が飛び交ったのは、日本チームがアウトサイドヒッターに求めていた力を備えていたからだ。その後のネーションズリーグでは並外れた対応能力を発揮。持ち前の守備力と、しなやかかつ果敢に攻める姿勢で存在感を示して五輪代表メンバーに選ばれるだけでなく、スタメンの一角を勝ち取った。

世界大会の中でも、すべてのチームが本気で挑むオリンピックの舞台。そこで「日本バレーもなかなかやるじゃないか」という評価を得ることができたのは、緻密なバレーを実現するために、一人ひとりが高い意識をもって技術を磨いてきたことが大きい。イタリアリーグで腕を磨く石川は、フェイクトスしかり、駆け引きのうまさや、ここぞという時にサービスエースを決めるなど、相手にダメージを与えるスキルやテクニックを存分に発揮した。もう一人のエース、西田有志も今シーズンに入ってから捻挫や肉離れなどに見舞われ、コンディションは万全ではなかったが、世界に通じるスイングスピードと技術力でポイントゲッターの役割を果たした。そうした魅力あふれる個人技に加え、一人ひとりがチームの約束事を遂行するために愚直に力を尽くした。リベロ山本智大を中心とした守備を起点に得点する場面がたくさん見られたのも、個人の技術力はもとより、サーブで揺さぶる、ブロックでコースを塞ぐなど、チームの連携力があってのこと。ポーランド、ブラジルなど世界トップクラスのチームを相手にしても、連携力を駆使して対等のバレーができたことは自信になったはずだ。

今大会は多くの競技で若い選手の活躍が目立つが、男子バレーも例外ではない。スタメンの多くが3年後のパリを20代で迎える年齢であり、この経験を活かせる環境にある。戦いを終えたばかりの選手たちが、早くも次の五輪を見据えていることが頼もしく、日本チームのこれからに期待は高まるばかりだ。

【TOKYO2020】準々決勝進出なるか。予選ラウンド最終戦での勝利が絶対条件

好守で攻撃の起点をつくるリベロ山本智大。

日本は、7月30日(金)に有明アリーナ(東京都江東区)で予選ラウンド第4戦を行い、ポーランドに0ー3(22-25、21-25、24-26)で敗れて2勝2敗となった。第3戦終了時点で4チームが2勝1敗で並んでいたが、この日、3勝目をあげたポーランドとイタリアの準々決勝進出が決定。また、1勝2敗のカナダがベネズエラに勝利し、勝敗で日本、イランと並んだが、勝ち点・セット率により第5戦の結果を待たずに4位以内を確定した。日本が準々決勝に進出するには、イランに勝つことが絶対条件となった。(写真提供:FIVB)

ずぬけた成長力でチームを支える高橋藍。

ポーランド(世界ランキング2位)のような、得点能力の高い選手が揃うチームに勝つためには、サーブで揺さぶりをかけ、余裕をもってプレーさせないことが重要だ。また、被ブロックをいかに回避するかを考えながらプレーしなければならない。難しい試合になることは必至だったが、日本はイタリアとの敗戦を糧に、第1セットから冷静にプレーした。地力に勝るポーランドに1、2セットを奪われたが、そこで崩れずに仕切り直しができたことも収穫だ。高橋藍に代わり、第3セットのスタートからコートに立った高梨健太も落ち着いてプレーし、点を取られたら取り返す、互角の戦いを繰り広げた。終盤、再びリードを奪われても自分たちのバレーを見失うことなく、集中力を切らさずにボールをつなぎ、攻めることができていた。ポーランドに敗れはしたが、次につながる戦いぶりだった。

日本にとって、第5戦の勝敗が準々決勝進出の鍵になることは想定内であり、中垣内祐一監督はオリンピック前に行われたネーションズリーグに向けての会見でも「イランには勝たなければいけない」と話し、意図をもって戦ってきた。イランにとっても勝てば準々決勝進出が決まる真剣勝負に日本はどのように立ち向かうのか。2017シーズンから試行錯誤しながら築いてきたチーム力の真価に注目したい。

【A組戦績】

ポーランド  3勝1敗(イラン2ー3・イタリア3ー0、ベネズエラ3ー1、日本3ー0)勝点10

イタリア  3勝1敗(カナダ3ー2・ポーランド0ー3、日本3ー1、イラン3ー1)勝点8

カナダ 2勝2敗(イタリア2ー3・日本1ー3、イラン3ー0、ベネズエラ3ー0)勝点7 

日本 2勝2敗(ベネズエラ3ー0・カナダ3ー1、イタリア1ー3、ポーランド0ー3)勝点6

イラン 2勝2敗(ポーランド3ー2・ベネズエラ3ー0、カナダ0ー3、イタリア1ー3)勝点5

ベネズエラ 0勝4敗(日本0ー3・イラン0ー3、ポーランド1ー3、カナダ0ー3)勝点0