関東大会は埼玉栄が連覇

6月1日(金)〜3日(日)に、武蔵野の森総合スポーツプラザにて、関東高校男子バレーボール大会が行われた。50校が出場する中、最終日まで勝ち進んだのは駿台学園、東亜学園(以上東京)、慶應義塾、市立橘、荏田(以上神奈川)、市立船橋(千葉)、埼玉栄(埼玉)、日本航空(山梨)の8校。準々決勝の4試合はすべてがフルセットの熱戦となり会場を沸かせた。優勝は埼玉栄(2連覇)、準優勝は市立船橋、3位は東亜学園、市立橘という結果になった。

20180606_320180606_2

“関東大会は埼玉栄が連覇”の続きを読む

鍬田憲伸&水町泰杜、再会に笑顔

2018年春高バレーで鎮西高(熊本)を日本一へ導いた2人のエース、鍬田憲伸(中央大1年)と水町泰杜(鎮西高2年)が、大阪で行われている黒鷲旗全日本男女選抜大会で顔を合わせた。直接対決はなかったが、「初日に1時間ほど話した」という。春高で日本一になってからわずか数ヶ月しか経っていないが、新たな試練と向き合う2人にとって、それは有意義な時間になったようだ。

“鍬田憲伸&水町泰杜、再会に笑顔”の続きを読む

黒鷲旗選手権、組み合わせ決まる

4月30日(月)〜5月5日(土・祝)まで、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で行われる「第67回黒鷲旗全日本男女選抜大会」の組み合わせが決まりました。

グループ分けはこちら

グループ戦の試合日程はこちら

大会のHPはこちら

各組の上位2チームの計8チームがトーナメントに進み、5月3日に準々決勝、4日に準決勝、5日に決勝戦が行われます。

2017/18シーズンの3冠をパナソニックが達成するか、あるいはそれを阻止するチームが出てくるのか。短期決戦だけに気の抜けない戦いとなります。

同時に、高校や大学のチームの健闘にも期待したいところです。

ぜひ、会場に足を運んで、真剣勝負の空気や音を感じてください。

さくらバレー2018 洛南高校が2連覇!

さくらバレー2018 全国私学高等学校バレーボール選手権大会は24日、準々決勝、準決勝、決勝が行われた。

男子のベスト8は洛南(京都)、東山(京都)、常翔学園(大阪)、星城(愛知)、愛工大名電(愛知)、駿台学園(東京)、清風(大阪)、東海大札幌(北海道)。
このうち準決勝に勝ち上がったのは、洛南、常翔学園、駿台学園、東海大札幌。

“さくらバレー2018 洛南高校が2連覇!”の続きを読む

さくらバレー2018開幕!

21日、“さくらバレー”全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会の開会式が行われました。予選を勝ち上がった男女各80チームが、私学のTOPを目指して熱戦を繰り広げます。

1月に春高バレーのコートで躍動したチームも多く出場するこの大会。プログラム上ではすでに4月からの学年で登録されており、チームによっては新入生が1年としてベンチ入りしています。2018年度の高校バレー界の勢力図を占う大会。新年度最初の日本一の称号はどの学校が手にするでしょう。

大会は全日程入場無料。

公式ホームページを参照に、会場で声援を送りましょう!

https://sakura-volley.jp/award/index_boy.php

なお、メイン会場となる町田市総合体育館ではバレーボールNEXtと関連本を販売しています。
会場で商品をご購入いただいた方には、特製ポストカードを4枚セットで差し上げています。
20180321_2