秋季関東大学男子1部リーグ戦/前半戦が終了。日体大と日本大の躍進で混戦の展開に

9月7日(土)に幕を開けた秋季関東大学男子1部リーグ戦は、前半戦6試合が終了。春季リーグ戦の上位6チームと下位6チームが対戦する前半戦では、上位チームが白星を重ねてもおかしくないが、下位チームの健闘が目立ち、順位争いは混沌としている。しかし、そういう状況の中でも取りこぼしをしない早稲田大が首位を譲らず。1敗で東海大が追う展開となっている。

“秋季関東大学男子1部リーグ戦/前半戦が終了。日体大と日本大の躍進で混戦の展開に”の続きを読む

第3回アジアU23男子選手権大会代表チーム発表される

8月3日〜11日まで、ミャンマーの首都・ネピードーで開催される「第3回アジアU23男子バレーボール選手権」の日本代表メンバー12名が発表された。出場資格は1997年1月1日以降に生まれた選手で、今月14日に閉幕したユニバーシアード代表メンバーからは、今大会で主将を務める新井の他、宮浦、村山、梅本の大学生4人が選出された。新井はこの大会で初めてアウトサイドヒッターとして起用される見通しで、どれだけ力を発揮することができるのか、期待したい。また、18歳の大塚、日本のバレー界では馴染みのない渡邉が国際大会でどれほど活躍できるのかにも注目だ。

チームは国内合宿を行った後、ミャンマーへと旅立つ。

“第3回アジアU23男子選手権大会代表チーム発表される”の続きを読む

ユニバシアード、アルゼンチンを下しベスト8進出!

男子バレーは8日、予選ラウンド第3戦をイタリアと戦い、セットカウント0−3(22-25、19-25、19-25)で敗れたが、2勝1敗同士の対戦となった9日の予選ラウンド最終戦でアルゼンチンをストレート(25-20、25-23、25-18)で破り、ベスト8進出を決めた。イタリアがメキシコに勝ったため、グループ2位での進出となり、11日12時(日本時間19時)より行われる準々決勝ではロシアと対戦する。

ユニバスタメン

“ユニバシアード、アルゼンチンを下しベスト8進出!”の続きを読む

ユニバ男子、逆転で2連勝!

ユニバシアード男子バレーチームは7日、予選ラウンド第2戦を行い、スイスに3−1(23-25、25-21、25-16、25-21)で勝利し、2連勝となった。次戦は8日の20時(日本時間9日午前3時)より、地元のイタリアと対戦する。

スイススタメン

“ユニバ男子、逆転で2連勝!”の続きを読む

ユニバーシアード初戦はメキシコに快勝!

イタリアのナポリをメイン会場に3日に開幕した第30回夏季ユニバーシアードは6日、大会5日目(一部競技は2日に始まっているため)を迎え、日本男子バレーチームはメキシコとの初戦を行い、ストレート(25-15、25-21、25-20)で勝利。メキシコは前日にアルゼンチンと同会場で試合を行い、会場も大会の雰囲気も経験済みであったが、立ち上がりから一気に4−0とリードを奪い、幸先のいいスタートとなった。
“ユニバーシアード初戦はメキシコに快勝!”の続きを読む

ユニバーシアード夏季大会が開幕。男子バレーボール日本代表「攻撃力を武器に金メダルを目指す」

第30回ユニバーシアード競技大会が7月3日(水)にイタリア・ナポリで開幕する。男子バレーボール日本代表チームは6月27日(水)に合宿を終えて、28日(木)に行われた日本選手団の結団式に出席。士気を高めて、翌29日(金)に現地へ向かった。競技は5日(金)から始まるが、日本は5日に試合がなく、6日(土)が初戦となるため、その間に韓国、ウクライナなどと練習ゲームを行い、チームを固めて本大会に臨む。
バレーボールのメイン会場のエーボリはナポリから車で1時間半近く離れていることから、日本チームは選手村には入らず、バレーに出場する他国のチームと共に、エーボリまで30分強のサレルノのホテルに宿泊。3日の21時(日本時間4日4時)から行われる総合開会式にも参加しない。

“ユニバーシアード夏季大会が開幕。男子バレーボール日本代表「攻撃力を武器に金メダルを目指す」”の続きを読む

ユニバーシアード大会日本代表チームのメンバーを発表

日本バレーボール協会は、7月5日(金)から13日(土)までイタリア・ナポリで開催されるユニバーシアード大会に出場する日本代表チームのメンバーを発表した。

“ユニバーシアード大会日本代表チームのメンバーを発表”の続きを読む