早大、日体大が決勝へ。高橋塁と藍が初の兄弟対決、そして最終戦への思いを語る

兄弟対決の後、弟の高橋藍(左)が高橋塁(右)に歩み寄り、ツーショットが実現。仲のいい兄弟だ。

第73回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会(ミキプルーンスーパーカレッジバレー2020 )は12月4日(金)に5日目を迎え、準決勝、2試合が行われた。4年連続日本一を目指す早稲田大は、決勝を意識してか、やや硬さが見られたが、粘る順天堂大をストレートで下して決勝戦進出を決めた。続く日本体育大と日本大の一戦は、日本代表の高橋藍(日本体育大1年)と塁(日本大3年)の兄弟対決として注目を集めたが、西村信(主将/アウトサイド)、高橋良(オポジット)ら4年生に支えられて、高橋藍がのびのびとプレー。攻めの姿勢を貫いた日本体育大が日本大をストレートで破り、6年ぶりに決勝戦進出を決めた。12月5日(土)は3位決定戦〈順天堂大対日本大〉が行われる。

高校(京都・東山高)ではチームメイトだった高橋兄弟。初めての対戦が全日本インカレ準決勝の舞台で実現した。戦うことが決まり、先に反応したのは弟の藍だった。兄の塁へ「明日よろしくね」というメッセージを送り、兄弟でやりとりした後、家族LINEで兄弟対決を話題に盛り上がったという。「どちらが勝っても、悔いのない戦いを」という家族の言葉を受けて、「楽しんでプレーする」と決めた藍は、「(兄との対戦は)未知だったので、どんな感じなのかなとわくわくしながらコートに立った。いつになく新鮮な気持ちだった」と、試合前の気持ちを振り返った。「兄はサーブがいい。自分の位置では取りづらい回転をかけてくるので、兄のサーブでこちらがリズムを取られないようにしなければいけない…。それだけは意識していました」

一方、塁は、兄弟対決を楽しみにしていたものの、「前日(東海大戦)、調子が悪かったので、チームの雰囲気とともに自分の調子も上げて、なんとか勝利したいと思っていた」と、胸の内を明かした。「僕も藍もミスをしないプレースタイル。そこは共通していますが、僕は高さがない分、技で勝負したかった。でも、今日は自分の持ち味が出せなかった。藍は上からたたき込んできた」と悔しさをにじませた。

いつもの兄ではない、ということは、コート上で藍も察していた。「自分たちが仕掛けたことがはまったのかもしれないですけど、もっとブロックアウトだったり、インナーに打ったり…。そういう技術をもっている選手なので、おかしいなと。今日は調子が悪かったのかもしれません。いつもどおりのプレーをされていたら、こんなに楽に勝つことはできなかったんじゃないかと思います」

兄は技術、弟は高さが持ち味。セット序盤は競り合うも、日体大が徐々に抜け出し、優勢のまま試合を決めた。

「自分はずっと兄を見てバレーボールをやってきた。尊敬している選手」と藍が言えば、「藍はすごい選手。藍をはじめ、(大学界には)すごい選手がたくさんいるので、そういう人たちに勝てるように挑戦していきたい」と、塁にとっても藍は気持ちを掻き立てる存在だ。兄弟対決で思いを再認識した2人は、残っているそれぞれの一戦にかける意気込みを語った。

5日(土)の3位決定戦に臨む塁は、この日に感じた「もっとできたんじゃないかな」という思いを払拭し、日本大を表彰台へ、と気持ちを切り替えた。「(困難を乗り越え)チームがまとまって頑張れた結果が今、ここにいるということ。『乗せたら怖いチーム』と言われているが、来年度はいい時と悪い時の差を縮めて、ベスト4に恥じない力をつけたい。そのためにも、(3位決定戦は)しっかり戦いたい」と闘志を燃やす。

6日(日)の決勝戦に臨む藍は、「日体大も早稲田も(強い)スパイクやサーブを打てる選手が多いので、サイドアウトの勝負になりそう。いかにサイドアウトを取るかが勝負を分けるので、出だしからすごい駆け引きになるのかなと思う」と話した。今年、シニア日本代表の合宿や紅白戦に参加した藍は、「そこで自分らしいプレーができたので、自信がつき、気持ちに余裕ができた」と言う。早稲田にも同様の経験を積んだ大塚達宣(2年/アウトサイド)がいる。宮浦健人(4年/オポジット)、村山豪(4年/ミドル)、水町泰杜(1年/アウトサイド)らもアンダーカテゴリーの代表経験が豊富。尚かつチーム力も備えている早稲田大を相手に「自分の攻撃がどれだけ通用するのか。勝つために練習してきているので、王者である早稲田をどれだけ追い込んで、倒せるか。自分自身もすごく楽しみ」と、目を輝かせていた。

【準決勝 試合結果】

早稲田大学 3-0 順天堂大学

日本体育大学 3-0 日本大学

【3位決定戦 対戦カード】

順天堂大学 vs 日本大学 14時30分よりDAZNで視聴できます

上位4シードのうち3チームが無念の敗退。日本代表の高橋藍は準決勝で兄弟対決へ

ノーシードから勝ち上がり、ベスト4入りを果たした日本大の主砲・高橋塁。明日の兄弟対決に注目だ

第73回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会(ミキプルーンスーパーカレッジバレー2020 )は4日目を迎え、準々決勝、全4試合が行われた。4年連続日本一を目指す早稲田大は、危なげなく近畿大に勝利したが、第2シードの東海大、第3シードの筑波大、第4シードの明治大が敗れる波乱の一日となった。

東海大対日本大の一戦は、今季オポジットからアウトサイドに移ったエース新井雄大(主将/4年/2020年度日本代表)、期待の大型ミドル佐藤駿一郎(2年/2020年度日本代表)を擁する東海大が、ゲームを優位に進めるかに思われたが、前日、フルセットの接戦を制して勝ち上がった日本大が勢いそのままに第1セットを奪うと、その後も互角の戦いを演じて、最終セットは日本大が見事に逃げ切った。

筑波大対日本体育大の一戦は、垂水優芽(2年/アウトサイド)が持ち前の高さと切れ味を発揮して点を稼ぎ、筑波大が1、2セットを連取したが、第3セットからサーブやスパイクに思い切りの良さが出てきた日本体育大が3、4セットを奪い返して、勝負を最終セットに持ち込んだ。第5セットはどちらに勝負が転んでもおかしくない展開。日本体育大が先にマッチポイントを握るも、筑波大が粘ってデュースに。しかし、最後は高橋藍(1年/アウトサイド/2020年度日本代表)の勝負への執念と技術がわずかに上回り、日本体育大が勝利して準決勝へ駒を進めた。

この2戦の結果により、12月4日(金)に行われる準決勝で、高橋塁(日本大3年/アウトサイド)と高橋藍の兄弟対決が実現。ポイントゲッターとしてチームを決勝に導くのはどちらなのか、興味深い。

【準々決勝 試合結果】

早稲田大学 3-0 近畿大学

日本大学 3-2 東海大学

順天堂大学 3-1 明治大学

日本体育大学 3-2 筑波大学

【準決勝 対戦カード】

早稲田大学 vs  順天堂大学 11時よりDAZNで視聴できます

日本体育大学 vs 日本大学 14時30分よりDAZNで視聴できます