関東男子1部リーグ戦、2週目も新1年生が続々デビュー!

関東大学1部春季リーグ戦は第2週を行い、大会3日目となった13日にも多くの1年生がデビューした。
開幕週に引き続き、デビューした新入生を紹介する。

※キャプション内のデータは、学部・学科 身長/最高到達点 ポジション 出身中学→出身高校

“関東男子1部リーグ戦、2週目も新1年生が続々デビュー!”の続きを読む

インターハイ優勝メンバーの安井恒介(明治大)が上々の滑り出し

2019年度春季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦が4月6日(土)に幕を開けた。新チームで臨む初めてのリーグ戦。各チームの新戦力に注目すると、インターハイ優勝メンバーの安井恒介(明治大)ら1年生の頑張りが光っている。前編に続き、1勝をあげた5チームにフォーカスする。《後編》

“インターハイ優勝メンバーの安井恒介(明治大)が上々の滑り出し”の続きを読む

日本バレーの次世代エース候補、大塚達宣(早稲田)が大学リーグで躍動

2019年度春季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦が4月6日(土)に幕を開けた。新チームで臨む初めてのリーグ戦。今年度も春高バレーを制した洛南のエース大塚達宣(早稲田大)、セッター山本龍(東海大)をはじめ多くの選手がポジションを獲得し、大学デビューを果たした。まずは新セッターで臨み、連勝スタートを切った3チームにフォーカスする。
《前編》

“日本バレーの次世代エース候補、大塚達宣(早稲田)が大学リーグで躍動”の続きを読む

関東男子1部リーグ戦開幕。新1年生が鮮烈デビュー!

関東男子1部春季リーグ戦が4月6日(土)に開幕し、新1年生が続々とデビューした。今年はレギュラーセッターが3人もいるのが特徴的だ。
開幕週のレポートは近日中にアップするが、先週デビューした新入生を紹介する。

“関東男子1部リーグ戦開幕。新1年生が鮮烈デビュー!”の続きを読む

ワールドカップの出場国と日程が決まる!

今秋、日本で行われる「FIVBワールドカップバレーボール2019」の出場国と日程が決まり、日本バレーボール協会が発表した。男子大会は女子大会(9月14日〜29日/横浜アリーナほか)終了の2日後にマリンメッセ福岡等で開幕。全12チームの1回戦総当たりで順位を決定する。

トップ画像は大学1年生時に前回大会(2015年)で華々しい活躍をした石川(ⓒFIVB)

“ワールドカップの出場国と日程が決まる!”の続きを読む

ファイナル6の組み合わせ決まる!

2018年10月26日に開幕したバレーボールの新生Vリーグは、3回戦総当たりのレギュラーラウンドを終えてプレーオフに入る。3月9日(土)から始まるファイナル6(レギュラーラウンド上位6チームによる1回戦総当たり)を経て、新生Vリーグ初代チャンピオン、そして平成最後のチャンピオンに輝くのはどのチームだろうか。
※ファイナル6はレギュラーラウンドの順位に準じて1位=5pt、2位=4Pt、3位=3pt、4位=2pt、5位=1ptが与えられた上で行われる。

(TOP画像は昨シーズンの優勝の瞬間)

“ファイナル6の組み合わせ決まる!”の続きを読む

ファイナル6に向けて熾烈な順位争いに今年も内定選手の活躍が光る

昨年10月26日(金)に幕を開けたバレーボールのVリーグ(V1)はレギュラーラウンド終盤を迎えている。2月10日(日)現在、ファイナル6進出を決めているのはパナソニック(1位通過)とサントリーの2チームのみ。天皇杯から12連勝と好調を維持していたJTは、あと1勝でファイナル6進出が決まるが、2月3日(日)のパナソニック戦から3連敗。パナソニック、サントリーも星を落として順位争いは混沌としている。

“ファイナル6に向けて熾烈な順位争いに今年も内定選手の活躍が光る”の続きを読む