【アジア選手権】中国に敗れた日本。準決勝進出はオーストラリア戦勝利が条件に。

男子のアジア選手権は、16日に千葉ポートアリーナ他で順位決定予備戦を行い、予選グループリーグ戦を3連勝で突破した日本(A組1位)は、中国(C組2位)と対戦。セットカウント1-3(19-25、29-27、21-25、19-25)で敗れて初の黒星を喫した。コンディション不良でベンチスタートだった石川祐希が、予選グループリーグ戦3日目にコートに立ち、インドに圧勝。アジアの強豪と対戦する順位決定予備戦での活躍に期待が高まったが、この日は個の力が噛み合わず、どのセットも中国に連続得点を許す苦しい展開で、日本は勝ち点を伸ばすことができなかった。

終わってみれば、サーブ(中国8得点/日本3得点)とブロック(中国17得点/日本1得点)による得点差が勝敗を分けた一戦だった。宮浦健人が「サーブが狙いどおりにいかず、リベロに集まってしまった」と話したように、日本はサーブで揺さぶることができず、逆に相手のサーブで守備を崩され、攻撃が単調になりがちに。石川は「中国の強みであるブロックで点を奪われ、相手を乗せる形になってしまった」と、反省を口にした。

チームは対戦相手のデータを収集、分析し、サーブレシーブの位置取りやサーブの狙いどころなど、戦術を選手と共有して試合に臨んでいるが、狙いどおりに展開できない場合はそのつど修正が必要になる。この日はベンチも含めて、有効な対応取れなかったことが課題として残る一戦となった。

順位決定予備戦では予選グループリーグ戦で当たったチームとは対戦せず、予選グループリーグ戦の対戦成績が持ち越されるため、17日に行われる日本(勝点3/2位)対オーストラリア(勝点2/4位)、中国(勝点4/1位)対カタール(勝点3/日本とはセット率差で現在3位)の結果により順位が決定し、上位2チームが18日に行われる準決勝に進む。どのチームにも準決勝進出のチャンスがあるため、難しい試合になることが予想されるが、次戦に向けて石川は、「全員がベストコンディション、ベストなメンタルで試合に臨んでくれるはず。オーストラリアもブロックが高いチームだが、(中国戦でうまくいかなかったところを)修正し、自分がリズムを作っていく」と、決意を口にした。チーム一丸となっての勝利に期待したい。